嫁日記「雨の日は」

2010年12月14日

朝から雨の日は
気分も空と同じ色だし 出かけるのがおっくうになりますね
足はぬれるし髪はふくらむ
でも少しの雨の日は 私は傘をさして出かけたくなるのです
傘に当たるぱらぱらという音が私はとても好きなのです
一日中雨の日は
みんな傘をさし 少し下を向いて背中をまるめ足早に通りすぎてゆきます
目的地に向かって一目散
雨の中別にいいことなんてないから
でも少しの雨の日は
傘に当たる雨の音を聴きながら 私はゆっくり歩きます
すると目の前にかわいい喫茶店が見えてきて
お茶でも飲もうかという気になってお店に入ります
一服してお勘定をしていると
「雨の日のご来店ありがとうございます」なんてカードが置いてあり
なんだか嬉しくなっちゃうなあ
今日は一日雨はやまず 夜中にもっと降りだして
この日記を書いていると
となりの部屋からがりがりと 夫が絵を描く音が聴こえてきます
冬の雨は寒いから
お天道さまさま 明日は出てきてくださいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です