「親子のためのヒーリングコンサート」ポスター画制作日記

btn_20081004.jpg
いよいよ10月4日(土)「親子のためのヒーリングコンサート」が近づいてきました!
僕はポスター画を制作しました。今回はちょこっと制作話など。。
きっかけは歌手のニャリみゆきさんが阪急三番街での「らいおんサン」を観て
依頼が来ました。その後、僕はイメージ創りのためにみゆきさんのCDをのべ
600曲は聴いたと思います。
もう寝る前にもメロディが聴こえるようになりました(笑)
みゆきさんの歌声の透明感・空気感をどう表現したものか・・
曲を聴いてふと自分の作品が浮かびました。
62.jpg


上の作品ですが、素直にその絵が浮かんだことを伝えたところ、とても
喜んでいただけたので、この作品を発展させた雰囲気で進めました。
普段は「産みの苦しみ」が伴う場合もありますが、今回の場合は自分の
感性がピッタリ一致したのか、とてもイメージ創りは早かったです。
ラフ。
63.jpg
「親子のための〜」なので「絆〜きずな〜」をイメージしました。
制作するにあたって、僕は単なるポスター画の依頼でなく、童画家
として、コンサート会場にて原画を展示することを想定し、印刷では
わかりにくい「仕掛け」をしました。
コンサート同様、ライブで童画を観て頂きたかったのです。
制作過程
64.jpg
僕の童画にはマチエルという地肌に工夫しています。このバックを描いた状態で
絵は描いていないのにうっすらとハートや模様が見えるのがわかるでしょうか?
え?わからない?では真ん中の部分をアップしてみましょう。
65.jpg
いかがでしょう?ハートから楽譜が流れ出ている雰囲気が感じられるでしょうか?
そうなのです。もう一度ポスター画を観てほしいのですが、楽譜は「描いている」のでは
なく、地肌が乾く前に筆の後ろなどをつかい削っているんです。。。
完成図
空間が多く感じるのはあらかじめポスターとしてテキストが入ることを想定したためです。
66.jpg
そして、ハートの右上あたりをアップにしてみると・・・
67.jpg
削っている溝に濃いめのグリーンを流し込んでいるのがわかるでしょうか?
さらに楽譜以外のバックにも音符がちりばめてあるのがわかるでしょうか?
これも地肌の段階で創ってあるんです。
*ちなみにこの楽譜はコンサート1部のトリ、「故郷」の一部を抜粋しています。
こう言った原画ならでは楽しみも、現場(ライブ)で是非感じていただきたいです。
コンサートを堪能して、帰りにちょっと作品を観て帰って下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●親子のためのヒーリングコンサート
2008年10月4日(土)
開場:13時30分   開演:14時
会場:プレラホール(兵庫県・西宮市)
阪急西宮北口駅下車 南、芸文センター隣
TEL: 0798-64-9485
入場料
大人 3,500円
中・高校生 2,500円
(当日学生証を受付にてご提示ください)
小学生以下 1,000円 (0歳児は無料)
*なお、チケットは徳治昭童画館でも取り扱っております。
 ご希望の方は問い合せフォームより「チケット希望」と
 して住所/氏名/ご連絡先を記載して送って下さい。
●コンサート詳細
●ジーエムアートグレイス株式会社
===========================
徳治昭童画館では童画・イラストの受注、
展覧会や作品・グッズ委託販売を承っております。
ご興味のある方は問い合せフォームよりご連絡下さい。
徳治昭童画館(とく はるあきどうがかん)
徳治昭童画館
===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です