嫁日記「二つの再会」

2011年12月16日

先日の茶屋町の個展、猛烈な寒さの中たくさんの方たちに来ていただき、ほんとに
ありがとうございました。
らいおんサンの巨大タペストリーも目印になってくれたようで、らいおんちゃんも
ありがとね。
この「嫁日記」を始めてちょうど一年になります。
始めた頃、ウェスタンブーツのことを書きました。今はいているブーツは10年ぐらい
経ちますが、結婚してから買ったものです。
ある夜、ネットで最近のウェスタンブーツをいろいろ見ていたら。。。
無性にブーツを磨きたくなり、次の日決行しました。
面積が大きいので体力いります。。はひ。。。
磨きながらふと。。。
「そうや。。。もう一足あったわ。。。。」
そう、箱にしまったままのウェスタンブーツがあったのを思い出したのです。
茶屋町の個展で思わぬ再会がありました。
16、7年前にお世話になっていた方々で、よく私のことを覚えていて下さったなあと、
懐かしさと感激で胸がいっぱいになりました。
でもそこで、その関係の方が8年前に亡くなられていたことを聞き、ショックを受けて
その日はその人のことをいろいろ思い出していました。
そして出てきたこのブーツ。
これはちょうどその時代に、当時のNAVIO阪急(今のHEPFIVE)のファニーさんで
買ったのでした。ところが買ったものの。。。派手。
足首から下が黒で筒が白、その筒に赤の模様が入っているショートブーツで
なかなか目を引きます。一目惚れして買ったのですが。
当時ウェスタンブーツをはいている人はとても少なく、ブーツ自体が今ほど
種類もなかったし、はいている人もいませんでした。
このブーツをはいて出かけたところ、やはり奇異の目で目られ。。。結局
2回ぐらいはいただけで、箱にしまってお蔵入りしたのでした。
ほんとにすっかり忘れていた。。。
箱から出したら。。。
んまぁ~なんとぴかぴかにきれい!手入れしていなかったからさすがに革は硬
くなっているけど。。。
そして昔思ったよりも派手に感じませんでした。カワイイ。。。
思えばこっちの方が今はいてるのより古いんだ。
うん、またこれをはこう!
このブーツが出てきてから、あの頃の思い出が次から次から押し寄せてきて、
とても懐かしい、でもちょっと青春のほろ苦さ(今も青春現役)で一人暮れな
ずんでおりました。
再会。
ブーツを磨いていた時、ひょっとしてあの人がそばにいたんだろうか。
そして忘れていたこのブーツのことを思い出させてくれたのだろうか。
ありがとう。。。
地球はまるいんだなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です