河内音頭

8月回顧録その4。
個人的に地元と関わることが多くなったこともあって、今年は
河内音頭を見に行こうと決めていました。
僕自身が子供の頃から慣れ親しんでいたのが常光寺の河内音頭と
八尾河内音頭まつり。この2つに顔を出しました。
723.jpg
まずは常光寺。まさしくここは河内音頭発祥の地といわれています。
まずお寺につくとゆったりと踊っているんだけど、なんか雰囲気が
違う。。河内音頭がいつも聞くリズミカルなものでない。聞いたところ、
流し節正調河内音頭というもので起源時の音頭らしい。これはこれで
趣があって良かった。19時から始まり21時になるといつもの河内音頭
が始まり、一気にヒートアップ。踊りのリズムも代わり躍動的。この
新河内音頭?はとても面白くて落語を聞いているよう。たぶん、古典的な
歌詞もあり、そして新作の歌詞もあり、新作の歌詞はかなり現代的で
庶民に根付いたネタで聞いてるだけで笑えます。あらためて河内音頭と
いう唄に興味が湧きました。
725.jpg
724.jpg
お次は八尾河内音頭まつり。今や八尾のメインまつりでパレードやら
日中から色々と賑やか。河内音頭も八尾小学校のグランドを使って
ものすごい人です。人の踊りの輪がどんどん拡がっていくのはなかなかの
迫力。櫓は組んであるが、ここはステージが別のところにあってそこで
唄います。音響もちゃんとしているのでとても迫力がありますが、個人的
にはやっぱり櫓の中で太鼓をたたき、唄っている方が好きですね。
常光寺さんはとても趣がある伝統行事、八尾河内音頭まつりは地域を
あげた一大イベント。そんな感じですね。
とても勉強にもなったし、なにより楽しかった。こんな楽しいことが
地元にあるのをずっと忘れてた。どんどん吸収してなにか形にできたら
・・・と勝手に妄想しています。
ビバ!河内音頭!
===========================
東北関東大震災における徳治昭童画館の取り組み
うたえほん「リンリンだゾウ!」発売開始!!
561.jpg
画集「徳治昭童画集」発売中!(72ページ/2,940円)
徳治昭童画館では童画・イラストの受注、
展覧会や作品・グッズ委託販売を承っております。
ご興味のある方は問い合せフォームよりご連絡下さい。
徳治昭童画館(とく はるあきどうがかん)
徳治昭童画館
徳治昭童画館 別館「映画鑑賞記録」
===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です